蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
オオアナコンダの水入れ
熱帯蛇類温室にいるオオアナコンダ。
このヘビたちは、水の中にいることが多いのですが、展示室の池が非常に手前に有り、見えにくいことから
オオアナコンダを展示し始めた頃から、少し大きめの水入れを床に置き、見えやすくする工夫をしています。
ただ、この水入れ、如何せん古い水入れの再利用でして、
水漏れを起こしていたりで、コーキング材で目張りをし、何とか使っていましたが、
この時期になると、再度水漏れを起こすという感じでした。
コーキング材の劣化のためか?
とも考えられたので、今回、新しいコーキング材を試すことにしました。
そこで思い出したのが、近くのホームセンターで売られていた、透明度の非常に高いコーキング材。
説明文を読むと、多少濡れた状態でも使えるらしく、
これは使えるかも?と目を付けていた物。
いざ使ってみると、、、透明度が高すぎて、どこにコーキングしたかが分からない(笑)
そこで、懐中電灯を使い、反射させてどこまで出来ているかを見つつ作業し、
とりあえず完成。
水漏れが無いことを確認し、早速設置。
しかし、数日かかっていたこの作業が、実質1日程度で終わるとは。。。
あとは、どのくらいもってくれるかが問題ですが、とりあえず良いものを買ったような気がします。

by のら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.