蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
石垣島の動物 その④
  もう1種類、石垣島でよく出会うカエルを紹介しておきたいと思います。このカエルは、オオヒキガエル。路上・畑などで見かける機会の多いカエルです。山の中でも出会うことがあります。もともとは、日本に棲んでいなかったカエルです。つまり国外外来種となります。サトウキビ畑の害虫を駆除するという目的のため、持ち込まれたこのカエルは、石垣島だけでなく、小笠原諸島や国外ではオーストラリアなどで在来種に影響を与えている種です。

  オオヒキガエルが在来種を食べてしまうことが問題となるわけですが、やっかいなことにそれだけではありません。このカエルを食べてしまった動物にもよくない影響があると考えられているのです。強い毒をもっているため、このカエルを食べてしまった動物は死んでしまうことがあるようです。
  ヤマカガシがヒキガエルを食べることをご存知の方も多いかとおもいます。長い進化の歴史の中でヤマカガシはヒキガエルを食べても生きていられる体を獲得しました。しかし、沖縄では宮古諸島を除き、もともとヒキガエルの仲間は棲んでいません。そのため、オオヒキガエルを食べた在来のヘビが死亡している例が見つかっています。

oohiki.jpg 

オオヒキガエルの成体と幼体(上)





 今回も、石垣島でオオヒキガエルを食べているサキシママダラを見つけました。手の届かない場所にいたため、捕獲することはできませんでしたが、その後どうなったのか心配なものです。

 さて、まだまだ紹介したい動物はたくさんいますが、この旅のお話はここまでにしておきましょう。たまには、スネークセンターのことも書かないと。

byたかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.