蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
池と野鳥
  最近、野外放飼場内の池の整備をしています。池の底に泥が堆積し、水が干上がってしまったため、泥をかき出す作業を行っています。その成果なのかわかりませんが、園内で、あまり出会うことのない鳥が観察されました。
 まずは、トラツグミ。珍しい鳥というわけではありませんが、園内では初記録となりました。この鳥は、ガシガシと足踏みをする習性があります(エサを探すためだったと思います)。久しぶりのこの音・リズムを耳にし、探してみると池のそばにいました。ツグミより大きいので、見ごたえがあり、発見すると少しうれしくなります。
tora.jpg
トラツグミ
目立ちにくい見た目ですが、足音で居場所はすぐにわかります。


 ミソサザイもやってきました。このあたりで観察できる野鳥の中では、最も小型の鳥となります。一般的には、沢の近くなどでよく見られる鳥ですが、丘陵地にあるスネークセンターにも、訪れてくれたようです。池のまわりや岩の隙間などをうろうろしながら、1日だけ滞在していました。
 他に、よく見かける鳥は、ツグミ・シロハラ・ヒヨドリ・コゲラ・アカゲラ・アオゲラ・エナガ・シジュウカラなどなど。コンディションのよい日に空を見上げれば、何かしらの猛禽は見つかります。先月は、ウソも来ていました。ちょっとした自然公園で見られるような野鳥は園内で観察できるみたいです。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.