蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
研修を終えて
元より好きだった爬虫類の知識を学ぶため、今回13日から19日の1週間スネークセンターに実習に伺わせていただきました。
本や図鑑でしか見れなかった大型の蛇や毒を持つ蛇を毎日 間近で見て、お世話をし 気になったことは研究所の本や論文を見て調べたり、研究員の方に聞いたり、足りなかった知識を充分に満たすことが出来たように思います。
また、蛇や爬虫類と関わるだけではなく触れ合いを通してお客様と関わることで蛇の魅力を存分に伝えることが出来ました。
お客様は皆さん優しく、私のお話をしっかり目を見て聞いてくださったのでお陰で私も緊張に負けることなく楽しくお客様に説明ができました。私の話を聞いて「蛇って思ったよりかわいい」と言ってくれる方や、お父さんお母さんに「蛇飼いたい」とお願いするお子さんを見る時、ここに来てよかったと心から思えました。
また、説明不足だったことや私の知らないことは研究員の方が代わりに説明していただいたので、その事を生かすことで最初こそ拙い説明でしたが最終日にはしっかりと説明ができたように思います。

爬虫類が大好きだけれど全く「飼育」として関わったことが無かったので毎日が新鮮でとても充実していました。
この1週間で私がさせてもらえた事は、大型蛇の部屋の掃除、無毒蛇の触れ合いの説明、イグアナ達の餌作り、コオロギ達の部屋の掃除、裏にいる無毒蛇のお世話、アオダイショウの子蛇のお世話、フトアゴヒゲトカゲの環境エンリッチメント、ワニガメの甲羅掃除、写真撮影のお手伝い…などなど沢山あって書ききれない程です。その一つ一つが私にとって楽しく興味深い経験となりました。
勝手な偏見でスネークセンターだから蛇のことしか学べないかな、と思っていたのでその他の爬虫類と関わりを持てたことがとても嬉しかったです。
フトアゴヒゲトカゲの環境エンリッチメントは特に沢山調べたり考えたりしたので、安全が確認され、フトアゴヒゲトカゲがその場所に慣れて展示されるようになったら是非お客様に見て頂きたいです。

ペットスネークに関するちょっとした知識しか持っていなかった私ですが、今回の実習で野生の蛇や毒蛇や大型蛇の図鑑や本には載ってないリアルな知識を増やすことが出来ました。
1週間はあっという間でもっとここで学びたいと強く思ったので、機会があればまたスネークセンターを訪れたいです。
将来ここで得た知識を生かし、爬虫類達へのストレスが少しでも軽減される動物看護をできるようにしたいです。

By 研修生(動物生命科学科3年生)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
研修お疲れさまでした。

研修にまじめに取り組み、また研修以外の時間をつかって爬虫類の勉強に励む様子が印象的でした。

フトアゴヒゲトカゲは、新しいケージに慣れさせているところです。思っていたよりも木にのぼっていますが、ハンモックにはなかなかのりません。また設置が終わった時にでも、このブログにアップしますね。

時間ができたら、ぜひ遊びに来てください。トカゲたちも成長していることでしょう。
それでは、将来の夢に向かって頑張ってください。
2017/03/23
(木) 09:03:03 | URL | たかちほ男爵 #M/EAJn/Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.