蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
研修生作成のケージを展示
  先月のブログにも感想が書いてありましたが、春休み、岡山県から研修に訪れてくれた大学生がいました。研修の一環として、フトアゴヒゲトカゲの環境エンリッチメント(ケージ作り)に取り組んでもらいました。聞きなれない言葉かと思いますので、少しだけ説明を。エンリッチメント(enrichment)は、「豊かにすること」などの意味で使う言葉です。私の理解では、飼育環境をさまざまな意味で豊かにし、ストレスを減らしたり、飼育環境特有の異常行動を減らしたり、野生で見られるような正常な行動を引き出したりと、健康でいてもらうための工夫をすることでしょうか(※いろいろな定義がありますが)。
shinobukun02.jpg  研修生によって、しのぶ君と名付けられたこの個体。作成してもらった新しいケージにも少し慣れてきました。そこで、一般公開を始めましたので、紹介しておきます。特徴的なのは、登り木に作られたハンモックでしょうか。たまにのっていますが、登り木にいることが多いですね。スネークセンターではケージの床材として、伝統的に人工芝が使われていますが、これを可愛らしくハート型・星型に切り抜きレイアウトしてあります。この発想は女性ならではですね。おもしろい。どこで手に入れてきたのか、「忍」というオブジェもレイアウトされています(笑)。shinobukun01.jpg

  さて、以前のケージと比べた結果は・・・。登り木のおかげで立体的に動く行動が多くなりました。また、ケージのガラス面に貼りつき立ち上がったような姿勢(おそらくあまり良くない姿勢)が無くなりました。さらに、口の前までもっていかないとあまり野菜を食べない個体でしたが、このケージにしてから自分でよく食べています。以前よりも、飼育環境は良くなっていると言えるでしょう。
  少し先にはなりますが、まだまだ大きくなる種ですので、その時はより大きなケージを作らなくてはなりません。是非とも、また担当してもらいたいものです。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
来園者の皆さんの反応は、なかなかいいですよ。登り木のおかげで、見やすいところにいてくれることが良いのかもしれません。写真を撮影されている方も多いので、そのうちインスタグラムでもみつかるかもしれませんね。

研修での環境エンリッチメントは、今年から始めていることなので、まだ私も手探り状態ですが、これからも続けてみます。
2017/04/08
(土) 09:12:42 | URL | たかちほ男爵 #M/EAJn/Y[ 編集]
お久しぶりです
お久しぶりです。
西の方もだいぶ暖かくなり、そろそろ蛇研で外飼いされてるヘビたちも本格的に活動を始める頃かなと帰ってきた岡山で爬虫類のことを学びながら考えている今日此頃です。

蛇研のメールかこちらのコメントかどちらでメッセージを送ろうか悩みましたが、私の研修についての投稿にコメントを頂いていたのでこちらに書かせていただきます。

フトアゴヒゲトカゲの説明、私が想像していた何倍もかわいく仕上げていただいてありがとうございます!
とてもキャッチーで様々な方に読んでいただけそうなデザインになっていると思いました。

忍くんについてですが、やはりハンモックに繋がる止まり木はもう少し太めの方がよかったですね、登らなかった時のことを考えて地面にスペースを取るために細いものを使ってしまいましたが、もう少し太めの繋ぎを1本通しても良かったかもしれないですね。でもたまに乗ってくれるみたいで安心しました。
もしまた忍くんのケージのエンリッチメントを…ほんとは私がやりたいですが!別の研修生の方が引き継がれる時は参考にしてもらえたらなと思います。
ハンモックも空き時間にチマチマがんばって縫って作ったので忍くんが乗れなくなったら別の子にも使っていただけたらなと思います(笑)

たまにインスタグラムで忍くんが誰かに見初められてないかチェックしていますが今のところ発見できてません!
もちろんスネークセンターですので一番はヘビたちですが、スネークセンターで暮らす蛇以外の子達にもスポットライトが当たるといいなと願ってます。

私が次行く頃には忍くんの新しいエンリッチメントが見れたらいいなと思います!これからもブログの更新楽しみにしています。本当にありがとうございました。
2017/04/04
(火) 23:55:59 | URL | M.S #LWshcgts[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.