蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ワニガメの引き取り
昨日、群馬県内で捕まったワニガメ(甲長約30cm) がやってきました。電話では大きいということでしたが、それほど大きい個体ではありませんでした。ただ、大きさが違うと、小さい個体はいじけて餌を食べなくなってしまうために一緒に飼うことができません。当センターではすでに大2匹、小1匹のワニガメを飼育しています。もちろん全て引き取りです。

ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)も先日1匹引き取りました。警察からは毎年何匹もの大きくなったアカミミガメが来ますが、警察からの場合、一応拾得物扱い、いわゆる落とし物扱いなので、2週間預かりということになり、その後引き取りになります。預かりの書類もあります。

今回のワニガメは動物愛護センターからで、特に落とし物扱いではありません。また、特定動物では必要な個体識別のチップも入っていないようでしたので、違法に飼われていたものを捨てたのだと思われます。アカミミガメはまだ警察から来ると思いますが、ワニガメはこれ以上引き取りはできませんので、引き取り依頼の電話が来ないことを願います。

ちなみに18日にも警察から1匹アカミミガメが来ました。

By A.S.

ワニガメ高崎

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.