蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
岐阜遠征②
 岐阜で出会えたヘビの中で、面白かったのはヤマカガシ。岐阜では大きく分けて2つのタイプのヤマカガシに出会いました。1つは、関東で見られるような赤・黄・緑・黒などの色彩が薄くなったようなタイプ(上左)。もう1つは、赤がほとんど入らず、頭部が淡い緑色、体がブルーグレーをしており、白い点が目立つタイプです(上右)。わりと近い地域でどちらも見つかりました。成長と共に色がどの程度変わるのか知りたいところです。比較のために近所で見つけた群馬産のヤマカガシ(下)ものせておきます。やはり、関東のものは黒・赤などの色がはっきりしていて綺麗ですが、ブルーグレーのヤマカガシもまた別な美しさがあります。
gifukagashi1.jpg    gifukagashi2.jpg
gunkagashi.jpg




上左:岐阜産1 上右:岐阜産2
下:群馬産



 その他にも、シュレーゲルアオガエルの卵に頭を突っ込んでいたヒバカリ、やたらと咬みついてくるジムグリ、昨年からいつも同じ場所にいるというシロマダラなど、ヘビもたくさん見られたので満足でした。クマタカをはじめ鳥もいろいろとみてきましたが、あまりいい写真が無いので、岐阜遠征のお話はこのへんで。

byたかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.