蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
秋の田んぼ
最近は、仕事で、スネークセンター周辺のフィールドに出ています。数日前の、とても暖かい日のことです。田んぼに行くと、バッタやカエルがぴょこぴょこ跳ねている横で、「ジャボン」と何か大きなものが水の中に入る音がしました。見てみると水路の中には、なかなか立派なヤマカガシが。平地にしてはいいサイズです。全長で1mぐらいでしょうか。この日は他に2個体ヤマカガシに出会えました。やはり秋はヘビ探しのいい時期です。

ykgs.jpg





いい時期と言えば、ちょっと面白いカエルにも出会えました。ここ何年か、日本でもハロウィンがずいぶんと盛り上がっていますよね。なぜかゾンビや傷メイクも流行っているようですが…。今回出会えたヌマガエルは、なんとハロウィン仕様!「縫い傷模様」を持っていました(左)。ヌマガエルには背中線と言って、背中の真ん中に直線が入るものも多くいます(右)。たまにイナズマ模様などには出会いますが、縫い傷模様は初めて出会いました。成長が楽しみなので、しばらく飼ってみることになりました。この日はもっと珍しいカエルとも出会ったのですが、その話はまたのお楽しみということで。

kznuma.jpg   nnuma.jpg






明日は、白蛇観音供養祭です。
動物の供養の他、いつもと違ったイベントも行われますので是非お越しください。
中学生以下は入園料無料となるようです。
白蛇観音供養祭のお知らせはこちら

byたかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.