蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
犬がやってきた
年末年始と言えば、動物園・水族館の干支に関する動物の展示がよくテレビなどで取りあげられます。スネークセンターでは、主にヘビを中心とした爬虫類を展示しているため、巳年以外では、なかなか干支に関する話題が無いのです。

inu.jpgそんなスネークセンターにも、急に戌年らしい話題が。ある日、採毒実演から戻ると職員が集まる建物付近で来園者の皆さんが集まっていました。そこには、なぜか1匹の犬が。どうやら迷い犬のようで、園内をうろうろしているところを職員が見つけたようです。群馬県動物愛護センターにも連絡し、少しの間、スネークセンターで預かることになりました。ペットのヘビやトカゲなどを警察から預かることはありますが、まさか犬のお世話をする日がやってくるとは思いませんでした。6日後、この犬の飼い主の方が見つかり迎えにきてくれました。飼い主の方もこの犬もとても嬉しそうでした。よかった。よかった。

少しの間でしたが、犬のお世話を通して、私自身学ぶことが多かったように思います。そのへんのお話はまた今度書こうかと思います。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。