蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
動物のトレーニング
先日、私は、犬の賢さに驚かされました。散歩の前、リードの付け替えをするわけですが、じゃれてくるため少し手間がかかります。そこで、じっとしていてもらうために「おすわり」だけ覚えてもらいました。たった数十分で覚えてしまうのです。普段、爬虫類を相手にしている私にとっては新鮮な発見となりました。

園内の爬虫類にも、個体管理のため覚えさせていることもあります。例えば、グリーンイグアナ。トイレの場所を覚えるとの話をすると驚かれる方も多いのですが、これは教えることができるのです。トイレの場所を覚えると、ケージ内を清潔に保つことができ、掃除にかかる時間も減るのです。ig66.jpg

最近、ケージが変わったので、またトイレを覚えてもらう予定のイグアナ


ヘビに何かを覚えてもらうのには少し時間がかかります。一部のヘビにはエサを与える際にある合図を出しています。すると給餌用の小窓まで自ら来てくれるようになるのです。これによって、給餌が楽になるというのもよいのですが、本当の目的は、エサ以外でも合図を出せば近づいてきてくれることです。体調のチェックには、目視での確認が欠かせません。しかし、シェルターに入っていると確認ができないため、シェルターを動かすまたはヘビを出す必要があります。ただ、この方法では、ヘビが驚いた様子を見せたり、逃げるように遠ざかったりします。このストレスをできるだけ減らしたいのです。動物に何かを覚えさせることは、人に従わせているよう(かわいそう)に思われてしまうこともありますが、ストレスを減らすことや、健康に暮らしてもらうための個体管理がしやすくなるなどいい面もあるのだと思います。
rt66.jpg
合図をすれば近づいてくるヤマカガシ


by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.