蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
カブラハバチ
園内の売店から石段を下りてくると、右側にクレソンの群生がありました。このあたりは、地下水がしみ出ていて、いつもじめじめしています。ついこの間まで、クレソンが青々と茂っていたのですが、気づくと丸裸。葉の部分がなくなって、筋ばかりになっています。よく見ると、黒い虫がたくさん付いています。以前にも、この虫は発生していたので、調べてみると、カブラハバチの幼虫でした。アブラナ科の植物を食害するので、ナノクロムシと呼ばれるとか。みっともないので、クレソンは刈ってしまいました。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.