蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ペットボトルトラップ
F-16Dのプラモデルを作って展示してしまいました、のらです。
さて、シマヘビ放飼場内をよく見ると、ペットボトルを4本ほどぶら下げてあるのが見えると思います。
「何のためですか?」と、よく聞かれるのですが、実はこれ、スズメバチのトラップなのです。
ゴールデンウィークくらいから、妙にスズメバチが沢山樹液を目指して飛来しており、その飛来するルートがお客さんの通る道の近くで、樹液の場所もその通路の脇、ということで、誘因性のあるトラップを仕掛けたわけです。
まだ攻撃性の高まる時期ではないものの、やはり事故が起きてからではどうしようもありませんし、以前のように1匹ずつ捕虫網で捕まえるのも効率が悪い、ということで大学の先輩に相談し教えてもらったトラップを仕掛けています。これが面白い様に入るんです。
現在確認したところでは、オオスズメバチ、コガタスズメバチ、ヒメスズメバチ、モンスズメバチそしてキイロスズメバチの5種がそのトラップに掛かっています。
この5種については、展翅標本を作って資料館に展示しましたので、興味のある方は、是非見に来て下さいね。

by のら(あぁ・・・ヘビのネタじゃないな・・・悩)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.