蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
第1温室
第1(毒蛇)温室の展示ケージは24ケージあるのですが、それぞれ別の種類のヘビが入っていて、それぞれの個性があります。
この個性がよく見られるのが、ケージメンテナンスの時です。
水を足そうとしただけでその水をエサと勘違いしアタックをかけてくるもの、水を敵と思いアタックをかけてくるもの、水が恐く逃げ回るもの、「水なんかどうって事無いじゃん」といわんばかりに堂々としているもの、「な~んだ・・・エサじゃないのか・・・」といじけるもの、「わ~い!!水だぁ~!!」と水入れにすぐ入ってくるものなど。
水を足す時にだけでも、これだけの個性があふれます。
特に面白いのがキングコブラで、水を足す時にはホースで行うのですが、このホースをエサだと思って挑んできます。(※キングコブラは、主に他の種類のヘビを食べるヘビです。)
でも、接近しフードを広げアタックまであと一歩の所で、ホースと分かるようで、口を開けてホースの方へ来ますが、途中で「あら・・・?間違えた・・・?」というような行動をすることがあります。
朝イチでケージメンテナンスを行っていることが多いので、個性あふれる面々を見たい方は、開園直後あたりがオススメですよ。

by のら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.