蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
マムシに気をつけて
昨日、昼頃に病院からの問い合わせが3件ありました。実際その日に咬まれたのは1件だけで、1件は2日前、もう1件は3日前に咬まれた症例でした。
最初の1件は、本人(農家のお年寄り)がヤマカガシに咬まれたということで来院したようですが、腫れが拡がってきており、明らかにマムシによるものでした。2件目はかかとを咬まれ、最初の病院では血清を使用しないで治療され、2日後には腫れが足全体に拡がってしまいました。3件目は、最初の病院でヤマカガシ咬症と診断されたようですが、治療されずに帰され、3日後には腫れが腕全体に拡がっていて、痛みもかなりあるようでした。これも明らかにマムシ咬症です。

確かに咬まれてから時間があまりたっていなければ、診断が難しこともありますが、少しでも症状があればしばらく様子を見ることが必要です。特にマムシ咬症では、あまり腫れていないということで、簡単な処置をして帰宅させられた症例で、その後悪化、時には重症になってしまことがしばしばあります。

当然、病院によっては毒蛇に咬まれた患者など診ることもあまり無いかもしれません。また、診断が難しいケースも多々あります。もし心配であれば早めに連絡してきてください。
3件目は幼児(6才)だったのですが、たぶん残りの夏休みは何もできず、いやな思い出の夏休みになることを考えると、かわいそうな気がします。

これからキャンプやハイキング、夜の昆虫採集などに出かけられる方は十分気をつけてください。

By A.S.

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.