蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
においがとれない・・・
ヘビに注射などをするとき、まずは捕まえなくてはいけませんが、だいたいグローブなどしないで素手で捕まえます。どんなことをするかによりますが、総排出口付近をつかまなくてはいけないときに、手がクサ~くなることがあります。これは臭腺からの液体のせいです。特になれていないヘビを捕まえたりするとこのくさい液を出すことがあります。
現在セイブダイヤガラガラヘビを治療していますが、大型の毒ヘビのため頭を捕まえるのは危険なので、総排出口付近を「ガバッ!」とつかんで「プスッ」と注射をしています。このとき手がクサ~くなるのです。これがまた何回も洗ってもにおいがとれないのです…。なので、最近は左手だけ手袋をしてます。

ちなみに臭腺のにおいや液の性状はヘビによってかなり違います。キライなのはヌママムシ。かなりクサイ(と思う)。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.