蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ヘビの麻酔
必要なときにはヘビにも麻酔をかけます。ハ虫類の場合投薬量のデータが乏しいため、どれくらいの量を使えばいいのかはっきりしないケースがあります。ヘビでも種類が違うと効き方に差があることが多いのです。

今日の患者はパフアダー。アフリカ産の毒ヘビです。
治療するために麻酔をかける必要がありました。最初はなかなか麻酔の効果が現れませんでしたが、なんとか治療を終えました。
終わったのはいいですが、今度は麻酔から覚めるのに時間がかかります。次の日になっても「ぼ~~~っ」としてることもあります。
犬やネコとは違うことが多いのでけっこう疲れます・・。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.