蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
環境エンリッチメント
昨日まで、東京で飼育技術学会に出席してきました。
今回は「環境エンリッチメント」についての発表やパネルディスカッションが行われました。
スネークセンターでも、シマヘビなどの放飼場や一部の室内展示に環境(environmental)を豊かで充実(enrich)したものにしようという試みは以前からされてきています。
例えば、シマヘビ放飼場には、暑い時や冬眠時に利用できる穴や場所、登ることができる木があったり、他の室内展示でも脱皮しやすくするために引っかかりのあるような石や木あったり、砂漠にいる種類であれば砂漠の砂を入れたりする、などです。
しかし、これはあくまで基本的にヘビを飼育する上では、その種類の生息環境に合わせるのが必要最低限な事だと私は思っています。
これが最近は「環境エンリッチメント」という言葉で表現されるようです。
こういう言葉があると、「あっ、これは環境エンリッチメントの一部なんだな~」という意識が、持ちやすくなるのかもしれませんね。

by のら(本日の裏話は、堅いなぁ・・・)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.