蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
御荷鉾山
先にも書きましたが、今、白蛇観音前から見える山々の案内図を作成中です。私は、群馬県育ちであり、登山を趣味としていることから、この仕事には一番適任なのですが、それでも、分からない山がたくさんあります。特に奥秩父から南に広がる、関東山地が難問です。それで、まず分かるところを仕上げ、分からないところは、山歩きをしながら突き止めていくことにしました。

その第一弾として、11日の日曜日の午後、御荷鉾山(みかぼやま)に登ってきました。この山は藤岡市の奥にあり、標高が低いのに、手前にあるためによく目立つ山です。これには東と西、2つのピークがあり、少し高くて眺望も良い西御荷鉾山に登ってきました。鞍部にある投石峠から、登り30分、下り20分の、簡単な登山でした。それでも、上の方の林内には薄く雪が積もっていました。ちょうどよく晴れ渡ったところで、甲武信ヶ岳を中心とした奥秩父の山々が、良く見て取れました。一歩前進です。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.