蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
中断
ちょっとしたトラブルのため、このところホームページに接続ができず、多くの方にご迷惑とご心配をおかけしました。管理者としてお詫び申し上げます。

心配して電話をかけてきて下さる方が多いのには、驚きもし、感激しました。スネークセンターはもちろんですが、このホームページも、少しずつでも充実したものにして行くべく、今後も努力していくつもりです。よろしくお願いします。

カエル池には、いろんな植物を植え込んでいますが、今朝M研究員が「ミズバショウらしい花が咲いている」というので行ってみたら、ヒメカユウでした。ところが、昼過ぎにに見てみると、ミズバショウも花を開いていました。カエル池は昨年秋に造成したのですが、ようやくいい雰囲気になってきました。あとはカエルが増えるのを待つだけです。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミズバショウ生物の分類|分類(APG植物分類体系)ミズバショウ(水芭蕉 ''Lysichiton camtschatcense'')は,サトイモ科の多年草本。湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開く。これが花に見えるが仏炎苞は葉の変形したものである
2007/09/30(日) 11:45:19 | 植物辞典
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.