蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
好天
今日は良く晴れ渡り、いわゆる好天のせいか、多くのお客さんが訪れました。ところが、午後になると温度が上がりすぎたのか、放飼場のシマヘビは、木の上に上がったり、日陰の草の下に入ったり、お客さんにはなかなか見つけにくかったようです。良く探せばかなり見つかるので、できるだけ自力で見つけて欲しいと思っています。

シマヘビは今ちょうど交尾期で、実際にあちこちで交尾しているペアを見つけることができます。もつれた感じで一緒にいるのが交尾のペアです。一方、縄のようによじれているのは、オス同士の力比べである、コンバットです。こちらはよほど運が良くないと見られないでしょう。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.