蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
爬虫類の図鑑-2
「山渓ハンディ図鑑 10 日本のカメ・トカゲ・ヘビ」
について、学名の誤りその2です。

174ページ ジムグリ
これまでElaphe conspicillataという学名が使われてきましたが、最近の研究で、Elaphe 属からはかなり離れている、という見解が出され、別属におくのが適当なようで、Euprepiophis Fitzinger, 1843という属名が復活しつつあります。本書もそれを採用しているのですが・・・・
よく見ると、最初の"p"が脱落しています。本書以外では目にすることのない学名なので、誤った綴りが広まらないことを祈るばかりです。ところで、巻末の索引には、どういうわけか従来の学名、Elaphe conspicillataを載せていますので、ここでチェックするわけにもいきません。
200,202ページ
ガラスヒバァとヤエヤマヒバァの学名として、誤ってアオダイショウの学名が入っています。巻末の索引は正しいのですが。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
やっぱりそうなるよなあ、ということが、蛇の分類で起こってきそうです。
2007/07/13(金) 23:48:44 | Display Creeping
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.