蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
Stejneger
日本の爬虫類・両生類研究の開幕を告げた本として、Stejnegerの「日本とその周辺地域の爬虫両生類学」という本があります。この本が出版されたのが1907年、今年がちょうど100周年になります。そこで、これを記念して、日本爬虫両棲類学会の会報に、この本に取り上げられた動物のレビューを行うことになり、私がヘビのパートを引き受けることになりました。気軽に引き受けた後で気づいて愕然としたのが、その種数の多さです。当時の日本ですから、台湾や朝鮮半島も含まれていますので、ヘビの種と亜種で67と、他のグループを圧倒しています。おかげでここ10日ほどは、文献をひっくり返しては、必死の思いで原稿を書いています。まあ何とか先が見えて、こんな文章を書く余裕も出てきましたが、けっこう大変な仕事でした。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.