蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
マムシ2000匹の中を歩く
ご存知かと思いますが3年ぶりに中国からマムシが大量にやってまいりました。スネークセンターと言えば…
「うじゃうじゃのマムシ」
という印象を持っている方が多いようで最近は来園していただいた方から、
「昔はマムシがいっぱいいたけどどうしちゃったの?」
という声を多くいただいておりました。そのたびに
「実は中国政府が輸出を禁止していまして…」
とお答えしていましたが、なんとも申し訳ない気持ちでした。
その間日本のマムシやヒメハブを入れていましたが如何せん数が少なく見栄えの点では物足りないものでした。
ですから今回の大量マムシ入荷は我々としても大変うれしいことだったのです。

さて、マムシたちは現在野外の飼育場で飼育展示していますが、
毎日職員が飼育場に入ってマムシたちの状態をチェックしています。昔は万単位で飼育していたのでまさに
‘足の踏み場もない’くらいでした。
今回はさすがにそこまでではないですがそれでも中に入るとたくさんいた頃をしみじみと思い出します‥。
スネークセンターに来た頃はヘビのことが全然わからず、マムシがウジャウジャいる中に入っていくのが正直恐かったもんです。長靴を履いて入りますがそれでも「かまれないのだろうか?」とマジで心配でした。最初の一歩を踏み入れた時の感覚は今でも忘れていません。

今ではさすがにヘビにも慣れてガシガシ入っていけるようになりました。スネークセンターに来てヘビたちを相手に仕事をするうちに、けっして向こうから襲ってくることはない、ジャンプしない、基本的に人が手を出さなければかまない、など性格や動きの特徴を知りました。
今ではもうコワいとは思いませんが(たまにはあるけど…)、この‘慣れ’がコワいんですよね、実は。
気を引き締めていこう‥;

by 綿雲






スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.