蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
アカマムシ死す
akamamushi

朝、蛇庫へ行くと、生まれた時から飼育していたアカマムシが死んでいました。何年も採毒実演の時に普通のタイプと黒化型、そしてアカマムシを見せて色彩変異の説明をしていました。

一般の人がアカマムシと呼んでいるマムシよりも赤い個体で、これほど赤っぽいのはほとんど見られません。このマムシは普通の色彩の親から生まれた子ヘビの1匹で、他の子ヘビは普通の茶色でした。

何年も大切に飼育し、毎週土日の採毒実演の時にはいつも出演していました。それ以外に抗毒素血清製造のための毒も採っていました。
エサを残したことなどほとんどなかったのですが、1週間ほど前に与えた時にはめずらしく食べませんでした。ただ、いつも元気なのでそれほど気にしていませんでした。

生まれてからずっと蛇研に貢献してくれたアカマムシに哀悼の意を表したいと思います。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.