蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
本日のヘビのお食事タイム
ニューギニアタイパンがヤバい!!
といきなり書いてしまいましたが、ここ最近は、餌のタイミングが分かるらしく、ケージの扉の下で体をややS字に曲げて待っていることが多くなりました。
これまでは、ケージの扉を開けて、餌を目の前に持って行ってみると、初めて餌の存在に気付く行動が多々見られたのですが、、、
今日のような行動が見られると、他のヘビを扱う以上にかなり気を引き締めてかからなければなりません。
ニューギニアタイパンや今はいないブラックマンバがこの様に餌のタイミングが分かって、同様にケージの扉の下で待たれると、ケージを開けた瞬間に間違って咬まれた・・・なんて事があると大変なことになりますから。
あのスピード、本当に速いですからね。。。
なるべく、扉の下で待たれた時には、すぐには与えず、なるべく展示ガラス側に行ってもらい、その段階で与える様にしなければなりません。
その方法は、人間の存在を知らせること。怒らせないようにして人間の存在を知らせると、比較的逃げてくれる事が多いので、そのタイミングを計って与えるようにしています。

by のら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.