蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
またまた雪かき
天気予報では雪が降るはずではなかったのですが、日曜の朝起きると10cmほど積もっているではないですか。信じられない!と思いながら出勤し、今年3回目の雪かきをする羽目になりました。今まで一冬に2回の雪かきはありましたが、3回というのは記憶にありません。しかも、昨年は暖冬で1度も雪が積もっていませんので、短期間に3度もけっこう広いセンター内の雪かきをするのは疲れます。

このようなことを書くと雪が積もる地域の方に甘いことを言っていると思われるかもしれません。もちろん群馬でも北部の方は雪はよく降りますし、スキー場もたくさんあります。

埼玉県より南の人は群馬県は雪が積もるというイメージがあるらしく、1月に毒の採取ために来られた大学の先生は、心配して滑らないようにブーツをはいて来られましたが、雪の上を歩くことがあるのは1年に1,2度です。

今回も2時間ほどかけてゆきかきをしました。さすがにこんなに雪が降ったのでは来園者は全く来ないだろうと思いましたが、採毒実演の時間になるといつもの日曜日と同じくらい人がいるので驚きました。
太田市の南に隣接する埼玉では降っていなかったようですし、天気予報でもこちらで雪が降るとは言っていなかったので、雪が積もっているとは知らずに出かけてこられたようです。このような日にも来ていただけて感謝です。
ただ、雪かきをしている時に何度か救急車のサイレンが聞こえました。滅多に雪が積もらない地域なので、このような日はやはり交通事故が起きてしまいます。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.