蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
花見頃
sakura

現在、センターでは桜や桃の花がきれいに咲いています。センター内には桜の木も多く、ほぼ満開のものからまだ五分咲きのものもあり、春休みの間は楽しめそうです。

写真の手前はタンビマムシ(中国産)の放飼場で、桃の花がきれいです。最近の陽気で、マムシはかなり冬眠からさめ、日だまりでよく日光浴をしています。手前に見える桜はかなり咲いていますが、奥の建物(毒蛇温室)の右にある桜の木は大きく、今は五分咲きですが、満開になるととてもきれいです。

また、朝にはウグイスの鳴き声を始め様々な小鳥の声が聞こえ、“花”と“小鳥のさえずり”と“ヘビ”?で心が癒されます。もう少し気温が高くなると、シマヘビも活発に動き始めます。この春休みは見学するにはよい季節です。4月6日(日)には観音祭があり、ヘビとふれあうこともできますので、ぜひ見学に来てください。

By A. S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.