蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
やや暑かった?
5月に入り、だいぶあたたかくなりましたが、ヘビたちのいる飼育室の暖房は、例年梅雨明けまでは稼動しています。昼間は気温も上がるので設定温度を調整するなどして管理しています。2月に暖房設備が新しくなった熱帯蛇類温室(新温室)では、暖房の性能がアップしてパワフルになったせいか室温が高くなりがちです。

で・・・こんなとき中の動物たちは・・・?

もちろんこちらで設定温度を下げたり調節はしていますが、彼らなりにも暑さ対策をするのです。
まず、ナイルオオトカゲとシンリンコブラは、プールの水につかってぷかぷかしています。
その間の部屋にいるセイブダイヤガラガラヘビは元々あまり水に入らないので、暖房の影響があまり及ばないのでしょう・・・展示ガラス際にいることが多くなります。
これがまたお客さんに大人気♪
ガラス一枚隔てただけで間近でガラガラヘビが観察できるから。
でも本人(=ガラガラ)は迷惑かも。近くでジロジロ見られて・・・。

セイブダイヤ


by 綿雲

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.