蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ハルゼミ
このところ、うるさいくらいの蝉しぐれです。主にアブラゼミとミンミンゼミですが、夕方などにはヒグラシの声も聞かれます。そういう中、昨日はオオムラサキが飛んでいました。飛び方がダイナミックで、あまり蝶々らしくないのですぐに分かります。オオムラサキは昔から普通にいて、すいかの食べ残しなどを置いておくと、よく汁を吸いに来ていました。

スネークセンター周辺は昆虫の宝庫で、捕虫網を持っている来園者も時々見かけます。一つ残念なのは、以前たくさん鳴いていたハルゼミの声が聞かれなくなったことです。松林のマツが次々と枯れる中で、いつの間にかいなくなってしまいました。いったい何時からだったのか、気づいた時にはすでにいなくなった後だったように思います。

by ちみ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.