蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
気温の低下は大敵
ヘビは外温動物(変温動物)で周りの温度に影響を受けます。
屋外のヘビは穴の中などにもぐって冬眠をしますが、屋内の場合には暖房することになります。こちらスネークセンターでももちろん暖房しています。とはいえ、夏場などに比べると、温度は下がり気味になることもあります。
そうなると、病気になるヘビが出てきてしまうのです。
体温が下がると病気に対する抵抗性も落ちてしまうのです。
去年は、『肺炎』になるヘビが出てしまいました。しかも大蛇でした・・。
今年はまだ出ていませんが、冬はまだ続きますので、十分注意していきたいと思います。
ちなみに現在、ツノナシクサリヘビという毒蛇が、『口内炎』になってしまい、治療を受けています。元気はあるので大丈夫だと思いますが。

寒さも大きなストレスです。
これは、ヘビも人間も一緒ですね。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.