蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
コバルトブルータランチュラ
 以前にも紹介しましたが、数年前に知り合いのペットショップから引き取ったタランチュラを飼育しています。昨年の夏には「毒虫展」でオオスズメバチやダイオウサソリ、サソリモドキ、ムカデなどといっしょに展示していました。10月くらいまではコオロギやカマドウマなどを捕ってきて与えていましたが、冬の間は餌に困ります。コオロギは売っていますが、節約のためにピンクマウスを10日に1匹与えています。

 コオロギに比べて食いつきは悪いのですが、ピンクマウスでタランチュラをつついて怒らせれば、咬みついて食べてくれます。コオロギに比べると消化に時間がかかるのか原形をとどめていないピンクマウスを1日中ぶら下げていることがあります。ピンクマウスは食べてくれるのに、なぜか緑色のバッタ類は全く食べてくれません。

 ちなみにこれら毒虫は趣味で飼育しているのではなく、あくまでも爬虫類教室などで有毒生物の話をするためのものです。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.