蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ニシキヘビ頭骨の盗難
 夕方の閉館時に資料館の戸締まりに行ったら、ケースに入れて展示してあったニシキヘビの頭骨の標本がなくなっていました。無毒ヘビや毒ヘビ5種類の頭骨が同じアクリルケースに入れて展示してあったのですが、そのうちのニシキヘビの頭骨だけがなくなっていました。確かにネジなどで留めてあったわけではないので開けようと思えば開けることはできました。かなり前から展示してあったもので、今までは何もなかったためあまり注意していませんでした。
 でもこれはマナーが悪いということではすまされません。10年以上前はよく酔っぱらってくる人もあり、しばしば展示ケースのガラスを割られたこともありました。さすがに今はそのような人はいなくなりました。先日ベビーカーの忘れ物のお知らせを書きましたが、しかしこれは不要になったものを捨てていったようでした。
 最近の犯罪の多さやこのようなマナーの悪さを見ると、狭いケージ中でけなげに生きている毒蛇の方が純粋でかわいく見えなくもありません。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.